洋書を読む点におけるkindleと紙の本の比較

アマゾンの電子書籍サービスkindleの日本版が出てしばらく経ちました。
この間、世間での電子書籍の普及が進んできた様に思えます。
この傾向は通勤・通学電車内等でも伺え、例えばkindle専用端末を使って本を読む人はもちろん、スマートフォンを使った読書、あるいはタブレットを使った読書・新聞購読などを目にすることがあります。
しかし、この様に普及する前はkindleと言えば日本では洋書を読む端末と言うのが主な使い方でした。
私もkindleを洋書の読書に使っていたので、その際、個人的にはkindleの電子書籍は紙の本よりもかなり安く、また当然ながら直ぐに手に入ると言う点、書籍の持ち運びのしやすさと言う点等が大いにありがたかったです。
しかし、kindleは万能かと言えばさにあらず。
私の場合、kindleを使って洋書の技術書などを読むケースが多いのですが、技術書などの場合、解説図や表の記載もそれなりに多く、その為本文中にそれらの図表へのリンクが張られている場合がほとんど常です。
この場合、リンクをクリックして図表を見て本文に戻り、もう一度図表に確認・・・等を行うケースもあり、その動作にかかる時間や行ったり来たりを繰り返す際の操作ミスの誘発、それに伴う訂正作業など余計な手間が発生したりします。
しかし、紙の本の場合だとその様な事は無く、瞬時に図表の確認が出来ます。
kindleについては辞書の内蔵などその他のメリットもありますが、上記の様に技術書など複数ページに渡って行ったり来たりしながら読書をするケースにおいては若干の面倒くささも付き物です。
しかし、例えば洋書の小説などを読む場合、この様な行ったり来たりが発生するケースは例外的であり、その点、kindleの有り難さは感じやすいのではないかと思います。
ただ、紙の技術書の場合ですとかなり本の厚さが厚かったりしますので持ち歩きを考えると必然的に選ぶべき相手が決まって来るのですけどね。